マンスリーマンションと賃貸オフィス探し|物件のスペシャリスト

不動産

ペットと住む際の注意

ペットと一緒でも新築に住めます

不動産

最近は賃貸でも、ペット可物件が増えています。ペットブームが続く中、需要が増えてきたからでしょう。しかし以前まで、賃貸でペットを飼える物件は、築年数がたっている為入居者が減り、その穴を埋めるために条件を付け足したというものが多く見られました。しかし最近は、最初からペット可の物件が増えているため、新築物件への入居も可能になっています。しかも、エントランスに足洗い場があるなど、特別な使用になっている物も出てきています。ですので、新築やきれいな物件は住むことが出来ないだろうとあきらめることはないのです。賃貸でも、上手に探すことで、きれいなお部屋で大事なペットと新しい生活を始めることは誰でも可能なんです。

床に絨毯は必要不可欠です

ペットを賃貸物件で飼育する場合、室内飼いが基本になります。フローリングの場合、何も敷かないでいると床に傷がつき、それがひどい場合は退去の際に追加料金を払わなくてはならなくなる場合もあります。なので、余分な支払いを防ぐ為にもにカーペットを敷きましょう。またカーペットを敷くという事は、フローリングの傷を防ぐということだけでなく、ペットが足を滑らせにくくなる為、股関節脱臼などの怪我を防ぐことにもなります。畳の場合も同様に、出来ればカーペットを敷くことをおススメします。特に猫の場合は、畳の上で爪を研ぐケースも考えられます。しかも一度爪を研いだ場所は、何度も繰り返すので、事前に予防策をしてとっておきましょう。

Copyright ©2015 マンスリーマンションと賃貸オフィス探し|物件のスペシャリスト All Rights Reserved.